通販(通信販売)の原則

サイトリニューアルのお知らせ
このたび、PETPORTサイトは大規模なリニューアルを行いました。
以下が新しいサイト情報になります。
過去のページについては、掲載を続けてほしいとの要望があるため、一部コンテンツは 削除せず掲載しております。
いずれの場合も最新の情報は以下になりますので、ご了承ください。
最新のPETPORTのページは以下になります

犬の販売 ペットショップ ブリーダー PETPORTトップページ
NO1の理由
全国犬の販売店
おすすめ犬
おすすめ情報
小型犬 室内犬 大型犬 価格表
購入について
全国トリミングサロン一覧
全国ドッグカフェ一覧
全国ドッグラン一覧
全国犬と旅行・宿一覧
全国犬のしつけ・訓練一覧
全国ペットホテル一覧
全国ペットシッター一覧
全国その他の犬関連施設一覧
全国ペット用品店一覧
ペット保険会社一覧
全国動物病院一覧
ペット可不動産サイト一覧
全国犬同伴結婚式場一覧
全国犬葬式・葬儀・霊園一覧
全国その他の犬関連サイト一覧
掲載希望者
メッセージ
運営者情報
運営方針
利用規約
掲載ガイドライン
個人情報保護の方針
サイトの登録申請
ネットでの子犬購入
サイトマップ
リンクに関して

犬通販-命を通信販売するという事の意味と自主規制

Copyright (C) 〜犬〜PETPORT All Rights Reserved

〜犬 通販の原則〜

犬を通販で買うなら読んでね!
 まず初めに、インターネットで手軽に犬の通販を行うということは、倫理観や企業責任が求められる現代に おいて、非常に違法に近い合法だと思います。
 それでも当店が犬の通販を行えているのは、朝から晩まで一生懸命世話をして、個体の状態を確認している子犬のみホームページに掲載し販売してきたからです。 基本的に実際の店舗があるペットショップ・ブリーダーが通信販売を行う場合は、そのように自分達で一生懸命世話をし、状態を確認した自己所有個体のみ 販売できるはずです。

 しかしながら、インターネット上では、非常に無秩序に犬の販売が行われてきたのが現状です。残念ながら自分の所有していない犬を販売するような 業者が出現してきた背景があります。
 自分が販売する犬と一緒に過ごし、管理・状態の把握をして消費者へ譲るという当たりまえの発想ではなく、売れば良いから自分は管理せず他人の犬を流し売ろうという、倫理観を全く無視した販売が行われてきました。
 例えば、大阪の事業者が明らかに自分の所有していない北海道の犬を画像や動画だけで売っていたり、東京の事業者が 鹿児島の犬を売っていたりします。
 動物取扱業法改正に伴い、多くは淘汰されていったのですが、いまだに見受けられる事業者もあります。

 これは、命を扱う企業(個人事業主も含む)としての倫理観のみならず、2006年に改定された動物取り扱い業の販売者責任を軽視した違法な販売である可能性が 高いと思われます。
犬は生き物ゆえ販売者が状態を把握するという事が、最も重要です。 犬そのものに価格的価値が法的に無い為、犬の販売の本質は、一生懸命世話をしてきた管理者に対する、ものにない謝礼的要素が全てです。 よって、(ホームページ等で)自己所有犬でない個体を販売するという行為自体、消費者への状態の説明責任を守れないと思われます。また、売れ残りという発想を持たない飼養施設の無いインターネット仲介販売形態は、販売する犬の命に対する 責任を初めから放棄しており、動物愛護の精神が著しくかけております


左の画像はホームページで掲載し販売しておりましたが、長く売れませんで 運営者が購入し、自宅で飼うことになった子犬たちです。
命を売買するとは、こういうことです。

皆様は、飼養施設の無い、無在庫型の犬のインターネット仲介販売形態どう思われますか?

「インターネット等による通信販売業者」も一応、動物取扱業登録業者として認められますが、これからインターネットも淘汰され、あくまで ネットの仮想空間ではなく、現実の世界で販売してきた事業者の基準と同レベルのインターネットでも販売が求められるはずです。

@ホームページに掲載している子犬の実際に居る場所
A販売する個体ごとに動物取扱業標識及び所有者(偽り無く実際に管理している者)
B子犬を管理している実際の事業所への連絡先

これらは、実際の事業者では当たりまえに出来ている事であり、インターネット販売でもホームページ上で消費者に伝えるべき最低限の事項だと思います。
実際の販売事業者の販売形態と同じレベルの基準が守れないようでしたら、犬をインターネットで販売するという形態そのものが間違っていると思います。

〜犬通販にあたり-当社の自主規制〜

 当社でも、例えば他人の所有犬をホームページに掲載し販売すれば、売れる可能性はあると思います。
 法の穴をかいくぐるような販売形態で利益を上げることが出来るかもしれません。
 ただ、当社にとって子犬は物の前に命であると考えおり、販売する子犬と一緒に過ごし、管理・状態の把握をし、1頭1頭を責任を持って消費者へ譲る事が当たり前だと思っております。企業の理念として、ただ金銭的な折り合いだけではなく、発展途上のインターネット販売であるからこそ、倫理観や道徳観が必要不可欠であると思います。
 動物取扱業的な見地も大切ですが、自己の所有していない犬の通信販売は、違法性を案ずる前に、命を販売する者として自主規制しております
 「1日中、面倒をみる苦労」「時に子犬が売れない時の心配」「病気や死亡が発生した時の悲しみ」そういったものを抱えながら、始めて消費者から金銭を頂ける、それが命を売買することの本質であるはずです。
 自らが犬の世話や苦労を放棄し、パソコン知識のみで犬の通販をインターネットで行うことは、良い売り手が育たないだけでなく、社会通念上も問題があると思います。
 PETPORTでは、仲介の場合も、必ず当ペットショップにて管理してから譲っております。

主要取扱い犬種犬の種類犬価格 パグ チワワ トイプードル フレンチブルドッグ ミニチュアダックス
犬全国通販<全国通信販売 ペットショップ 今週おすすめ犬 犬専門PETPORT>
サイト概要ブリーダー 販売 早期予約犬 犬専門ペットショップ サイトマップ
小型犬マルチーズポメラニアンヨークシャーテリア(ヨーキー)シーズーパピヨンミニチュアピンシャーイタリアングレーハウンドミニチュアシュナウザーペキニーズチンジャックラッセルテリアキャバリアウェスティー(ウエストハイランドホワイトテリア)ケアーンテリアスコテッシュテリアカニンヘンダックスボロニーズビションフリーゼ
中型犬フレンチブルドックボストンテリアビーグルバセットハウンド柴犬(豆柴)アメリカンコッカースパニエルコーギー(ペンブルーブ)シェットランドシープードッグブルドッグ
大型犬アイリッシュセターアフガンハウンド・Eスプリンガースパニエル・イングリッシュセター・イングリッシュポインター・エアデールテリア・オールドイングリッシュシープドッグ・グレートデーン・グレートピレニーズ・ゴードンセター・コリー・ゴールデンレトリバー・サモエド・サルーキ・シベリアンハスキー・ジャーマンシェパード・ジャーマンポインター・ジャイアントシュナウザー・スタンダードプードル・セント・バーナード・ダルメシアン・ドーベルマン・ニューファンドランド・バーニーズマウンテンドッグ・ブービエ・デ・フランダース・フラットコーテッドレトリバー・ブルテリア・ブルマスチフ・ボクサー・ボーダーコリー・ボルゾイ・マスチフ・マスティンエスパニョール・ラブラドールレトリバー・ランドシーア・レオンベルガー・ロットワイラー・ワイマラナー
子犬の販売地域以下、都道府県別、ショップでの引き渡し、最寄の陸送拠点・空港
犬サイト各ページ犬の里親 犬の飼い方 犬の用品 犬 サイトマップ
販売地域
(通販・見学購入両方含む)
東京・千葉・神奈川・茨城・埼玉・山梨・群馬・栃木・静岡・長野・愛知・青森・秋田・石川・岩手・愛媛・大分・大阪・岡山・沖縄・香川・鹿児島・岐阜・京都・熊本・高知・佐賀・滋賀・島根・徳島・鳥取・富山・長崎・奈良・新潟・兵庫・広島・福井・福島・北海道・三重・宮城・宮崎・山形・山口・和歌山

犬販売ペットショップ ブリーダー ペットポート
犬販売ペットショップに戻る

犬を愛する全ての人へ ボストンテリア  チワワ  ミニチュアダックス  フレンチブルドッグ(フレンチブルドック)  ジャックラッセルテリア  ポメラニアン  パグ  パピヨン  柴犬(豆柴)  トイプードル  ヨークシャーテリア(ヨーキー)  キャバリア(カバリア)  マルチーズ  ミニチュアシュナウザー  パグ シーズー  イタリアングレーハウンド 

Copyright (C) 2007 PET PORT All Rights Reserved.